腰の痛み

腰の痛み

こんなお悩みはありませんか

  • 長時間同じ姿勢がつらい
  • 体を起こす時に痛みが走る
  • ギックリ腰になった
  • 病院や他の治療院で見てもらったが、良くならない
  • 痛み止めや湿布でだましだまし生活している

腰の痛み

こんな症状はこんな原因で発症します

ぎっくり腰

無理な姿勢をとった際や、急激に負荷が掛かった際におこってしまう腰痛の総称で、
正式には急性腰痛という症状になります。
病名としては腰椎椎間関節症筋・筋膜性腰痛症・椎体圧迫骨折・椎間板ヘルニア(椎間板断裂)というものになります。
ただ、病院で検査しても、特定できない事がほとんどです。
正しい表現ではないですが、腰の捻挫のようなイメージが分かりやすいです。

症状
症状は激しい腰痛で2~3日は動けなくなることが多いです。また、足の痺れを伴う場合もあります。ただ、1週間以内に痛みが軽減していくことがほとんどです。 常に痛みがあり、楽な姿勢がない場合や、安静にしていても痛みが増していくような場合は他の病気(内臓疾病)の可能性もあるので必ず病院を受診しましょう。
応急
処置
ぎっくり腰になったら、無理に動かずに横になって安静にしてください。
横向きで、膝や背中を少しまげ、丸くなる姿勢が腰への負担が掛かりにくいので、お勧めです。また、市販の物でも、消炎鎮痛剤の使用やアイシングが有効です。
原因
疲労や運動不足、肥満、冷えなどが要因として、筋肉のこわばりや、背骨の歪みが生じる
ことが原因になっています。固くなり、脆くなっている状態で、無理な動作や急な負荷が掛かることによって発症します。

ぎっくり腰

慢性腰痛

腰に痛みを感じてから、4週間以内に治らないものを慢性腰痛と呼びます。
日常生活でほとんどの動作で腰が要(かなめ)となるため、体の使い方などによって、腰痛症の方が非常に多く、急性腰痛の引き金にもなるため、悪化する前に治療を行うのがオススメです。

症状
日常生活に支障が出る方から、何となく痛い方、常に痛みを感じるかたや、動いた時だけのかたなど、症状の出方や重さは非常に幅広くなります。
原因
慢性の腰痛は原因が特定できるものが非常に少なく、約80%は原因不明と診断されます。
ただ、患者様の多くは、腰回りの筋肉のこわばりがあることから、長時間の同じ姿勢でいる習慣や、運動不足、冷え性などが原因と考えられております。
他にも神経障害やストレスが原因として挙げられることもあります。

慢性腰痛

こんな治療法があります

治療方法はマッサージや運動療法などの手技を中心に、超音波治療や電気治療、テーピングなどを複合的に行います。
痛みが筋肉・関節・神経のどこが、原因なのかをしっかり探ります。
また、どのような動きで痛いのか、どれぐらい痛いのかを問診した上で治療を行います。
腰痛で来院されていても、むやみに腰のマッサージを始めるわけではなく、根本的な原因になっているところにアプローチを行います。

一番多い原因は腰や背中、臀部の筋肉が固くなってしまっている事です。
当院では筋肉を緩めることで痛みを和らげる治療を行います。
また、再発しないように日常生活で気を付けるべきことや、日常的なセルフケア(ストレッチ)の方法をお伝え致します。

コンセプト

TOP